痛くない歯列矯正はあるのか

痛みの少ない歯列矯正について紹介しているサイト

矯正したら終わりではない?大切な毎日ケア

矯正中のケアは特に丁寧に

歯列矯正中は、ワイヤーであれば特に矯正器具を気軽に付け外すことができない状態になるので、普段と同じようなブラッシングというよりは普段よりもより丁寧な洗浄を心がける必要があるでしょう。
マウスピースであれば矯正器具を外した時に普段通りのブラッシング、マウスピースの洗浄で済みますが、ワイヤーであれば器具の凹凸部分に汚れが付着したり蓄積したりするのを防がなくてはなりません。

矯正中に虫歯など歯そのものに不具合が生じた場合は矯正を中断して治療することになる可能性もありますし、その治療がおわらなければ矯正を再開できないため時間も費用も余計にかかることになってきます。
こまめで丁寧なケアをすることでこうした事態を極力避けることが大切です。

矯正完了後も定期検診を受けに行こう

歯の不具合は自分では気づきにくいものも多く、何も問題が無くても定期的に健診やメンテナンスへ行くことが望ましいですが、矯正治療完了後についても同じことが言えます。
矯正することで歯並びは整うため、汚れは蓄積しにくくなったりケアがしやすくなるというメリットはありますが、日々のケアの習慣や食生活などの生活習慣により歯や口腔内の状態は日に日に変化しているものです。
また、こうした変化は1日で激変することは少なく長い時間の中で徐々に表面化してくるため、不調を感じた時には症状が進行していることも少なくありません。
そうなると治療に時間も費用もかかってくるため、定期的なメンテナンスがとても大事なのです。
矯正治療後も定期的な健診とメンテナンスを続けましょう。


▲先頭へ戻る