痛くない歯列矯正はあるのか

痛みの少ない歯列矯正について紹介しているサイト

無痛医療の需要

矯正治療ではいつどんな風に痛い?

歯列矯正というと、歯を少しづつ動かし固定していくといった治療方法であり、あまり激しい痛みのイメージの無い人もいるかもしれません。
しかし、元々固定している歯を動かすということは歯に圧力をかけて強制的に動かすということであり、個人差はあるものの相応の痛みを伴うことがほとんどです。
もちろん、昨今の矯正治療にはさまざまな方法が確立されているので適性があれば痛みをかぎりなく軽減するような方法をとることも人によっては可能です。
しかし、一般的なワイヤー矯正においてはある程度の痛みはあるものと解釈しておくのが普通でしょう。

多くの場合、1番痛むのは最初に歯を動かす時で、状況に応じてワイヤーの付け外しをするその時にも痛みが生じるので、最初だけではなく継続して痛みを伴う可能性があります。

痛みの少ない矯正歯科治療とは

痛みの少ない歯科治療に力を入れている歯科医院は増えていますが、基本的には現状どんな歯科治療においても完全に痛みが無いということは珍しいものと覚えておきましょう。
しかし、痛みをなるべく少なくする方法や1回の治療における痛みを軽減するような方法は可能な場合においてはあります。

例えば、矯正治療であれば矯正器具を使用しない矯正方法を選べば矯正器具の着脱に伴う痛みは無いので、通常のワイヤー矯正やマウスピース矯正などで起こり得る痛みを感じることは無いでしょう。
余りに痛みが酷い場合は治療前に麻酔を使用したり、治療後の痛みには痛み止めを使ってしのぐという方法もありますが、これらは誰でも状況問わず使用できるわけではないのでドクターとの相談となります。


▲先頭へ戻る