痛くない歯列矯正はあるのか

痛みの少ない歯列矯正について紹介しているサイト

無痛医療の需要

歯科治療は総じて痛みが伴うイメージが強い人がほとんどでしょう。 しかし、昨今は痛みの少ない治療や無痛治療に特化した方針の歯科医院も増えています。 ここでは、痛みの少ない歯列矯正についてご紹介します。 これから歯の矯正を考えている人は痛みについてぜひ参考にしてくださいね。

矯正歯科にはこんなに種類がある?

矯正歯科というと、ワイヤーで固定しながら少しづつ歯の位置を動かしていくという方法が主流かつイメージする人も多いでしょう。 またその治療過程では時間やコスト、痛みも伴うものという認識が基本的でしょう。 しかし昨今の矯正治療にはさまざまな方法が生まれており、適正によってそれを選ぶことも可能です。

矯正したら終わりではない?大切な毎日ケア

矯正治療には方法によってかかる時間も費用も異なりますが、どんな方法を選択したにせよ、矯正治療が終了したあとのケアがとても大切です。 ここでは、矯正治療中から治療終了後のケアにの大切さについていくつかご紹介します。 毎日の習慣や磨き方が不適切だと矯正後に問題が出てくることもあります。

痛くない歯列矯正がある?

病気になった時や、何らかの処置が必要になった時、または見た目を美しくしたい時など、人はさまざまな理由で医療的処置を受けます。
その時に誰でも気になることの1つが痛みについてでしょう。
医療的処置には身体に何らかのアプローチをすることになり、それが投薬治療でなければ、時には投薬治療であっても痛みをゼロにできる例は少ないのが現状です。
特に前例や処置自体の需要が少なければ痛みについて考えられることはより少なくなってきます。

昨今は痛みをなるべく排除した、苦しみの少ない医療に需要と理解が深まりつつあり、同じ治療や処置を受けるにしても痛みを取り除いた上で受ける選択をする人も徐々に増えています。
有名なものには無痛分娩など、出産時の痛みを軽減する方法があり、出産という大仕事に臨む女性の不安を軽減したり本人の負担を減らす目的から希望者はそこそこ多いです。
自分の体が病気などで不安定な時に誰しも痛みの苦痛まで負いたいとはなかなか思わないものです。
患者の苦しみや痛みを軽減するためのこうした取り組みにはぜひ今後も進化していってほしいものですね。

歯科治療はもちろん、老後医療などについてもなるべく老いて痛みを伴う回数が少なく、また1回1回の苦痛が少なく済むことは本人や家族の安心、生活満足度に繋がります。
難治性の病など、生涯を通じて付き合わなければならない病気を抱えた人など、多くの人が人間らしい生活をしていく上で痛みの緩和はとても大切な問題の1つでしょう。

▲先頭へ戻る